スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

マイバッグサービス - Service for my bag customers -

*English follows Japanese

以前、過剰包装について書きましたが、一方で最近はスーパーなどでビニールや紙袋にいれてもらうのではなく、自分の鞄やもっていった袋に入れてもらうお客様も増えています。
こういったお客様にスーパー側もなかなか特徴あるサービスが展開されています。

例えば、サンフランシスコの WholeFoods Market では 5 セント バックで、それを寄付することも出来ました。現金で還元してさらにそれを寄付できるというところが、サンフランシスコらしいサービスだなと思います。

また、広尾の明治屋だとゴミ袋をつけてくれます。
東京都では半透明のゴミ袋に入れてゴミを捨てないといけないので、これは非常に助かります。ゴミ袋はかならず使って捨てるものですので、理にかなった方法といえるでしょう。

このように My Bag に対して特徴的なサービスを展開するお店が増えてきています。いずれ衣類や電化製品など、いろいろなジャンルに広がるのではないかなと推測します。
是非とも、特長あるユニークなサービスを発見したいものです。


I described about Packing Too Much before, whereas, some customers bring their original bag when they go to grocery store rather than getting a plastic or paper bag recently.  I found a couple of unique services for those customers in two stores.

First, in WholeFoods Market in SF, they check 5 cents back to the customer if the customer does not need bag.  In addition, the customer is able to donate this 5 cents then.   I felt that this service is really suitable for regional culture.

Second, in Meiji-ya Hiro-o, this …

なぜ茶碗を回すのか - Why customers have to rotate the bowl? -

* English follows Japanese

お抹茶のお点前をいただくとき、茶碗を回すところを見たことがある方は多いと思います。もしくは、実際に回していただいた経験を持っている方もいるかもしれません。
でも、なぜ茶碗を回すのでしょうか。

通常、亭主から一服いただく際、茶碗の正面が自分の方に向いて渡されます。
客は茶碗を正面からみて受け取ることができますので、もっとも美しい姿を見ながら茶碗を手にとることができるのです。
さて、その状態で手渡された茶碗ですが、時計回りに 90 度まわしたところでいただき。口元を拭いたら、反時計回りに 90 度回したあと正面を亭主に向けて返します。
この茶碗を回す理由は、亭主の手元に渡った茶碗を見ているとわかります。

亭主は、受け取った茶碗を正面を手前にして手元に寄せます。
お湯を入れてかるくお湯を回して水差しにお湯を流してすすぎます。そのご、茶巾で茶碗を拭くことになります。

実はこの一連の動作に回答があるのです。
亭主が水差しにお湯を流す際、左手で茶碗を持って亭主はお湯を流します。
茶碗を左側に傾けてお湯を流すため、茶碗正面を見て右手の側面からお湯が水差しに流れます。このとき、このお湯が流れる口は先程、客が口をつけたところです。

そう、茶碗を回す理由は客がお茶をいただく際の亭主への心遣いなのです。
言うなれば、90 度という角度すら意味をなさず、亭主の手前の癖などを考えて多少位置をずらしてこそ正解と言えなくもありません。

茶室にはこのように、より意味深いコミュニケーションをとるために客側も常に亭主へ心遣いを怠ることはありません。
こういった気持ちの積み重ねが、お茶をいただきながら交わされるコミュニケーションの質を高めていくことになります。


You might know or do rotating the bow when you have a "matcha"l   However, do you know about the reason why you have to rotate the bowl?  Most of persons cannot answer for this question as far as I know despite he/she is familiar with the…