スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2015の投稿を表示しています

新嘗祭 - Niinamesai, Japanese Thanks Giving Day -

*English follows Japanese

11 月 23 日。
「日々の勤労により、こうして安定して食を得られることを感謝する日」ということから勤労感謝の日とも言うそうですが、元々は新嘗祭という五穀豊穣を祈り、感謝の意を持って祝う日です。言うなれば、日本版ハロウィン、ボジョレー解禁、そしてサンクスギビングデーといったところでしょうか。

五穀はざっというと、米、麦、栗、豆、黍など。いわゆる五穀米に使われる穀物です。

やたらと農作物には気にする日本ですが、新嘗祭には関心どころか認知度も低いのは不思議ですが、とにかく一部神社や宮内庁関連の他、目立った催しはありません。

かくいう私も、近所の菓子屋で餅菓子を買ってきて、口にするくらい。

紅葉を楽しめる季節、食欲の秋とも申します。
この機会に、改めて今年の収穫を喜び、初物の穀物を味わってみてはいかがでしょうか。


The 23rd of Nov.
In Japan, we set today as National Holiday, "Japanese Labor Day" which means "We appreciate to have foods secured by contributing day-to-day labors".   Originally, the day calls "Niinamesai" which is like as Thanksgiving day or (Original) Halloween.   Japanese appreciate and pray the productiveness of five crops, rice ,wheat, chestnuts, beans, and mais.

Japanese is getting sensitive regarding agricultural products sometime.   However, not a few Japanese don't know NIinamesai now.   It's weird for me.   However, it is difficult to find any events and ce…

土用の丑の日うなぎの日 - Doyo & Ox day is a eel day

*English follows Japanese

土用の丑の日、鰻の日。ということで、今年は夏土用の丑の日が2日あり、つい先日 7 月 24 日には、うな重をいただきました。次は 8 月 5 日ですね。
日本には収穫と関係なく、縁起をかついだり習慣でいただく食べ物があります。
6月の水無月もこれに該当すると思います。

うなぎを食べる起源については諸説ありますが、有名なのは平賀源内の話でしょうか。
「う」のつくものを食べると夏負けしない、という風習を基にうなぎ屋にアドバイスしたという話です。
夏負けしない「う」のつくものというと、他に梅干しがパッと思い浮かびますが、確かに梅干しも夏負け対策になると言われていますね。
うなぎもビタミンが豊富で、脂質も取れるのでスタミナが付くと言えます。

ところで、この土用だとか丑の日というのは、現代では日本でもあまり馴染みがありません。
土用というのは、五行に基づいています。五行というのは木気、火気、金気、水気、そして土気です。木気に春、火気に夏、金気に秋、そして水気に冬を割り当てます。
残った土気は、その変わり目を担います。そのため、立夏、立秋、立冬、立春の前 18 日、季節が変わる頃が土用となります。
今年は 8 月 8 日が立秋なので、18 日前の7 月 22 日からが土用入りとなります。
ちなみに、立春の前土用の終わりが節分です。
続いて、丑の日ですが、こちらは十二支を各日に割り当てたものです。
昔は、時刻も日付も十二支の表現を使っていました。
このような、計算によって土用の丑の日というのが決まります。

曖昧な説による起源で、なんとも現代生活に馴染みのない日付の設定ですが、奇しくも今年は猛暑に見まわれ、多少高くとも口にされた方は多かったのではないでしょうか。
近所のうなぎ屋も盛況だったようです。
うなぎは養殖の方法が確立されておらず、昨今は気候の変動で収穫高も減ってきているようですが、大事に味わって伝えていきたい粋な文化だと思います。


Doyo and Ox day is an eel day in Japan.  We attempts to enjoy having eel as a dinner or a lunch.  In this year, there are two days of "Doyo an…

先入観の気付き - Be aware of your bias -

* English followed Japanese.

ちょうど先日、アメリカの最高裁判所で同性婚が認められる決議が下りました。ここのところ、LGBT (Lesbian, Gay, Bi-Sexual, Transgender) をめぐる話題が続々と報道されいますが、もう少し広く視野を広げて先入観について少し考えてみます。

はじめに、先入観を持つことは良し悪しの話ではありません。先入観は、まえもっていだく固定的な観念のことをいいます。この固定観念からのみ発生した言動については良し悪しの判断をつけることが可能ですが、固定観念を持ってしまうこと自体は良し悪しをつけることができないと考えます。
逆説的に考えると、固定観念が存在するからこそ多様性も生まれると言えなくはありません。
すべての人が大豆は納豆の材料だと先入観を持っていたら、きっとお豆腐は家庭の食卓に並ぶことはなかったかもしれないと思うことがあります。
もちろん、寒天のように偶然発見されることもありますが。

つづいて、先入観は文化、慣習のたまものであり、言うなれば個性の表れの一つであることに注目してみます。固定的な観念は、簡単には保持することができません。家庭環境、社会環境、から使っている言語。最近ではそこから生まれる趣味嗜好がネット上でマッチしているネット上の環境も固定的な観念を育ててくれる要因になりえます。
つまり一人一人がもつ固定観念は、細かく細分化していくとすべて一致することは非常にまれと言えます。だからこそ、先入観は個性だと考えます。
先日友人が SNS に、かえるのうたの歌詞について投稿していました。
a. げげげげげげげげ ぐわっぐわっぐわっ
b. ゲロゲロゲロゲロ ぐわっぐわっぐわっ
これ、どちらが正しい歌詞かわかりますでしょうか? 実はどちらも正解と捉えることができます。地域や世代によってどうやら異なるようです。
最期に、気づくための方法です。私がよく使うのは「普通」もしくは「前から〜」と口にしてしまうことです。「普通」とはまさに、自らの先入観にもとづいた考えであることの宣言とも言えます。この二文字が頭をよぎったら、自らの先入観を知る良い機会です。例えば、先ほどのかえるのうたの例では、誰もが知っていると思われる「普通」の民謡から個性の類似性と相違性を確認できます。
仕事でも、意識をしないで日々…

本を読んで - 中国人とアメリカ人

新しい本を読んでも、なかなか書棚に留めることが少ないのですが、こちらは久しぶりにまた秋頃に読み返そうと思った一つです。

中国人とアメリカ人

中国とビジネスをされている方、外資系に努められている方。
読んでみると頭のなかで点在していた情報が、整理されるかもしれません。

こちらの本では、著者の体験と数々のデータによって、中国人とアメリカ人の似ている所、異なる所。そして、日本人が国際社会で彼らとビジネス活動をはじめ各種生産的な活動を行う際に非常にヒントになる情報が説明されています。

読んでいてまず、思い当たるのが「普通」というのと「以前からそうしてきたので」というこの2つのキーワードです。
日本でとにかく老舗の会社やビジネスマンと話をすると、この2つのキーワードが頻繁に出てきます。とりわけ、一度成功した組織や人はよくこの言葉を口にします。
「普通」というのは、Generally とか Basically とも違うように思いますし、Usually に近いような気がしています。(拙い英語力からくるイメージですが)
統計的であったり、論理的な思考に裏付けされたものではなく、複数の感覚的な要因から「普通」という概念がまかり通っています。
また、「以前からそうしてきたので」も同様で、こちらも、「なんとなく」の域を脱しておらず、ただ変化を避けているような印象です。

そして読んでいく中で繰り返し示される日本人の良い所と、そこからくる欠点をみていて、ふと思い出されるのが「川端道喜」です。
「和菓子の京都」という本の中で書かれていますが、菓子職人であり、商人でありながら、時の権力者が変わってもスタイルを保ちつづけるには、愚直に良い物を作っていたからだけではなく、時代に合わせて権力や社会とバランスを取り続けていたことにあったという話が頭をよぎります。

川端道喜

この本の中で、師を越えようとするが、師を否定し、違う作風をつくろうとしないという話がありましたが、孔子が言うところの不惑であり、茶の本としては山上宗二記に書かれていたといわれる、師を左に右に違えよというところに通じるかと思いましたが、ここが一番難しいのではないかなという印象もあります。

交通も発達し、情報も、テクノロジーも垣根がなくなってくる時代。
国際的に活動する上では、自分のこと、自分の持つ文化のことをきちんと把握して、説明できるこ…