スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

台北 - Taipei

* English follows Japanese

先日、はじめて台北を訪れました。日本よりは南に位置しており、時差は約1時間。
周りからは非常に過ごしやすく、食べ物も美味しい、なんだったら日本語も通じると言われての初訪問です。
経済面では EMS (Electronics Manufacturing Service) で大きくIT分野で成長し、いまはサービスビジネスを伸ばそうとしているという話も耳にしていました。
今回は時間の関係で、ホテルとオフィスビルの往復をしただけでしたが、いくつか気になったことをまとめておこうと思います。

まずは、空港ですが、入国審査の前後で独特のピリっとした感じもなく、南のだからか穏やかな空気を感じました。
同じように、いまではEMSといえば深センというくらい急成長を遂げている世界のIT工場深センに1年前に訪れた時とは大分印象が違います。
空港からは現金のみですが、市内まで公共バスが有り、これが 130 TWD (台湾ドル)で、だいたい 420 円くらいでしょうか。函館空港から市内までと似ています。
時間は 40 分くらいです。
よくわからない勧誘もなく、アメリカのシアトルよりも安心感があるくらいです。

今回地元の食堂のようなところを訪れる機会はありませんでしたが、食事は万事問題なく、事前評判通り美味しかったです。
安くて美味しいものが有る。というのが日本に似ているのかもしれません。
日本のチェーン店も多く進出していますが、現地のチェーンのようなところでも美味しいです。
洋食も何度か食べましたが美味しい。
値段はわかりやすいところでスターバックスのトールサイズのコーヒーが 75 TWD, マクドナルドのビックマックが 67TWD でした。
こちらも大雑把に日本円でスタバが 300 円、ビックマックが 268 円と考えると、7〜9割くらいの値段です。
滞在中、現地の英字新聞で若者のパン食・洋食化が進み、米の消費が激減していることが高齢者や農家の問題として取り上げられていました。
この他、朝の果物も美味しいし、ヨーグルトやフレッシュジュースも美味しいこの国。
食料自給率はインターネットで見ると、31% と日本よりも低いことがわかりました。
有名な小籠包も米粉の皮を使うので、具材含め、このあたりのデータは気になるところではあります。

台北に…